お砂場(練習ページ)です。

見出し

大見出し1

中見出し1-1

小見出し1-1-1

小見出し1-2

:用語1:いろいろ書いた解説文1と強調単語*1
段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1
:用語2:いろいろ書いた解説文2*2
:用語3:いろいろ書いた解説文3*3


大見出し2

小見出し2-1

http://pukiwiki.org/

小見出し2-2

段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落イタリック1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落イタボールド1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1

段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2

段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2

段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2

レベル0レベル0レベル0レベル0レベル0レベル0

レベル1

レベル1

レベル1

レベル2

レベル2

レベル2

レベル3

  • はろ1
    • はろ2
      ろろろろ2
      • はろ3
    • はろ2
      • はろ3
    • はろ2
      • はろ3

        レベル3

        レベル3

        レベル3

日付

日付 &date;
時刻 &time;
日時 &now
整形済みテキスト整形済みテキスト整形済みテキスト
整形済みテキスト整形済みテキスト整形済みテキスト

色の変更も可能なルール(COLOR(#993333))

サイズの変更も可能なルール(SIZE(10))

両方指定(SIZE(20)COLOR(#333399))

打ち消し線

左寄せ

中寄せ
右寄せ

No.1

これを更新した日は→2003-10-21デス♪

No.2

これを更新した時間は→16:59:34デス♪

No.3

まとめると・・・・・→2003-10-21 (火) 16:59:34デス [heart]

袖ひちて むすびし水の こほれるを 春立つ今日の 風やとくらむ&br; 霞立ち 木の芽もはるの 雪降れば 花なき里も 花ぞ散りける&br; 春日野の 若菜つみにや 白妙の 袖ふりはへて 人のゆくらむ&br; 我が背子が 衣はるさめ ふるごとに 野辺の緑ぞ 色まさりける&br; 青柳の 糸よりかくる 春しもぞ 乱れて花の ほころびにける&br; 梅の花 匂ふ春べは くらぶ山 闇に越ゆれど しるくぞありける&br; 人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける&br; くるとあくと 目かれぬものを 梅の花 いつの人まに うつろひぬらむ&br; 今年より 春知りそむる 桜花 散ると言ふことは ならはざらなむ&br; 誰しかも とめて折りつる 春霞 立ち隠すらむ 山の桜を&br; 桜花 さきにけらしな あしひきの 山のかひより 見ゆる白雲&br; ひと目見し 君もや来ると 桜花 今日は待ちみて 散らば散らなむ&br; 春霞 何隠すらむ 桜花 散る間をだにも 見るべきものを&br; ことならば 咲かずやはあらぬ 桜花 見る我さへに しづ心なし&br; 桜花 とく散りぬとも 思ほえず 人の心ぞ 風も吹きあへぬ&br; 山高み 見つつ我がこし 桜花 風は心に まかすべらなり&br; 桜花 散りぬる風の なごりには 水なき空に 浪ぞたちける&br; 三輪山を しかも隠すか 春霞 人に知られぬ 花や咲くらむ&br;梓弓 はるの山辺を 越えくれば 道もさりあへず 花ぞ散りける&br; 春の野に 若菜つまむと こしものを 散りかふ花に 道は惑ひぬ&br; 宿りして 春の山辺に 寝たる夜は 夢の内にも 花ぞ散りける&br; 吹く風と 谷の水とし なかりせば み山隠れの 花を見ましや&br; 吉野川 岸の山吹 吹く風に 底の影さへ うつろひにけり&br; 鳴きとむる 花しなければ うぐひすも はてはものうく なりぬべらなり&br; 夏の夜の ふすかとすれば 郭公 鳴くひと声に 明くるしののめ&br; 五月雨の 空もとどろに 郭公 何を憂しとか 夜ただ鳴くらむ&br; 郭公 人まつ山に 鳴くなれば 我うちつけに 恋ひまさりけり&br; 川風の 涼しくもあるか うちよする 浪とともにや 秋は立つらむ&br; たが秋に あらぬものゆゑ 女郎花 なぞ色にいでて まだきうつろふ&br; 宿りせし 人の形見か 藤ばかま 忘られがたき 香に匂ひつつ&br; 秋風の 吹きにし日より 音羽山 峰の梢も 色づきにけり&br; 白露も 時雨もいたく もる山は 下葉残らず 色づきにけり&br; ちはやぶる 神のいがきに はふくずも 秋にはあへず うつろひにけり&br; 秋の菊 匂ふかぎりは かざしてむ 花より先と 知らぬ我が身を&br; 咲きそめし 宿しかはれば 菊の花 色さへにこそ うつろひにけれ&br;


*1 注釈1。WikiName
*2 注釈2。BracketName
*3 注釈3。注釈の中にも*4作れます。
*4 注釈の注釈